サイトの効果測定にはGoogleアナリティクスが不可欠

アクセス解析ツールの役割は、ウェブサイトにアクセスしてくれた人が、どこから来てサイトの中でどのような行動をとって去って行ったかまでの行動をトレースして、訪問目的や満足度などを分析することです。

Googleアナリティクスの優れている点は、高度なアクセス分析ができ、無料ツールでありながら進化し続けていることです。

アクセス解析の結果はサイトの成績表

検索エンジンからの集客を最大化するには、それぞれの記事において、できるだけ多くのキーワードで上位表示させることがキモになります。キーワードの選定が間違っていると、上位表示させてもサイトへの流入は増えません。狙ったキーワードで上位表示できているかどうか、そのキーワードで検索エンジンから集客できているか、それを確認するために使うのがアクセス解析ツールです。

Webサーバーには、どのIPアドレスから、どんな端末やブラウザーを使ってどのページにアクセスしたかという記録がログとして全て残ります。ログは数字や記号の羅列なので、人間の目でそのまま見ても何が記録されているかは判別できません。膨大な量のログを解析して、統計データとしてグラフや計算表としてわかりやすく表示してくれるのがアクセス解析ツールの役割です。

アクセス解析ツールを使うことで、記事ごとに狙ったキーワードで上位表示できているか、滞在時間は充分かなどの効果測定ができます。書いた記事にどれだけの集客効果があったかが数字にはっきりと現れますアクセス解析の結果は、いわば記事の成績表です。成績が良ければ、さらに効果を上げる方法を考えたり、同じ手法を他の記事に応用したりすることができます。成績が思わしくなった記事については、タイトルや見出しに挿入する検索キーワードを入れ替えたり、場合によっては記事の本文も書き直したりして、成績が改善されるかどうか観察します。

キーワードごとの検索回数、クリック回数、表示順位などが分かる

アクセス解析ツールを使えば、サイト全体でどれだけの集客ができているかはもちろん、ページ(記事)ごとのアクセス数や滞在時間などアクセスしてくれた人の行動が手に取るように分かります。アクセス解析でどんなことが分かるのかを説明する前に、アクセス解析でよく使われる用語をここで説明しておきます。主にしたの8つが使われる用語です。

・セッション
・ユーザー
・ページビュー
・滞在時間
・ランディングページ
・直帰率
・離脱率
・リファラー

アクセス解析で頻繁に登場する用語の意味を正しく理解することがアクセス解析の第一歩です。

セッション

セッションは、サイトへアクセスしてから離脱するまでの行動のことです。AffiLimoではアクセスという言葉を多く使っていますが、アクセス解析ツールではセッションという言葉が主に使われます。セッションは、アクセスや訪問と同じ意味なのです。

ユーザー

ユーザーは、サイトにアクセスした人のことです。セッションがサイトへの訪問回数に焦点を当ててるのに対して、ユーザー数を分析する場合は、正味何人がアクセスしてくれたのかに焦点を当てます。同一人物が1日に何度もアクセスしても、ユーザー数は1とカウントされます。ブラウザに記録される情報を読み取って同一人物かどうかを判定するのが一般的な方法です。重なりのない正味の人数という意味で、「ユニークユーザー」とも表現されます。

滞在時間

滞在時間は、ユーザーがサイト内に滞在する時間のことです。分析する際には、それぞれのページの滞在時間や、セッションあたりの滞在時間を重視します。ページあたりの滞在時間の基準として3分であればいい線だと思います。ページ滞在時間を比較して、明らかに滞在時間の短いページがあれば、その理由を考えて対策を打つ必要があります。

ランディングページ

ランディングページとは、訪問者が最初にアクセスしたページのことです。インターネットビジネスの業界では、メールアドレス登録など集客専用のページをランディングページと表現することもありますが、アクセス解析におけるランディングページは最初に開いたページのことを指します。

直帰率

直帰率は、最初にアクセスしたランディングページからサイトを離脱した割合のことです。別の表現をすると、セッションあたりのページビューが1で終わった割合です。直帰率が高いということは、ランディングページの内容に満足しなかった人が多かったことが推測されます。

離脱率

離脱率は、複数のページを閲覧した後に、最後のページから離脱したセッションの割合です。ページごとの離脱率を比較すると、アクセスした人がどのページを最後に離脱しているかがわかります。離脱率が高いページは、サイト訪問のモク亭がそのページで達成されたとも考えられますが、そのページに何か問題あってサイトから離脱した可能性も考えられます。

リファラー

リファラーは参照元という意味で、サイトにアクセスする一つ前のURL情報のことです。ブラウザーは、ネット上のリンクをクリックして別のサイトに遷移する際、どのページから来たかという情報をサーバーに渡します。検索エンジンからアクセスする人は、検索結果ページの情報も含まれるので、どんな検索キーワードを使ったかがわかります。ブラウザーのプライバシー機能が強化されているため、リファラーとして取得できる情報は」以前に比べて少なくなっています。

まとめ

アナリティクスの役割やアクセス解析の意味を理解していただけましたか?非常にたくさんの用語が出て来ましたが少しずつ慣れていきましょう。特に紹介した8つの用語は常に出て来ますので忘れたらここに戻って来て復習しましょう。
</p<