WordPressについて知る

WordPressは2004年にオープンソースのブログ用ソフトウェアとして最初のバージョンがリリースされました。およそ14年たった今では、WEB制作の現場で定番のCMS(コンテンツ管理システム)として利用されるようになりました。個人もブログやサイトはもちおrん、数多くの企業や店舗サイト、商用サービスのサイトが、WordPressで作られています。

WordPressでは「テーマ」や「プラグイン」を適切に使うことで、特にプログラミングなどの専門的な知識がないサイト管理者でも管理できるようになっています。

最近のサイト制作にはCMSが必須

サイトの制作・運営を効率化するCMS

近年におけるWebサイトの制作・運営には、「CMS」(Contents Management System)と呼ばれるプログラムが欠かせません。

古典的なサイト制作の方法では、複雑で多様な作業が必要でした。文章作成しHTMLでプログラムを書き、画像を加工、デザイン、サーバーにファイルを転送する。他にもお問い合わせフォームを作るのにも複雑なプログラム開発が必要でした。

これらの作業を中小企業や個人で全て制作するのは大変な作業です。かといって業者の方に頼めば、とても回収できないほどの費用がかかります。しかも、時代の流れは早いもので、情報発信にスピードが求められ。効率も追求する必要があります。

こうした課題をクリアするために作られたのがCMSなのです。ブラウザーから管理画面にアクセスして文章を入力するだけで、自動的にサイトの新しい記事として公開してくれます。多彩なデザインや、一般的なサイトで必要になるプログラムも提供されていて、初心者でも簡単に、しかも低コストで見栄えのいいサイトを作ることができます。

 

CMSを使うメリット

サイトは日々更新し、カスタマイズを加えて変化していくことが重要になるため、作業を効率化できるCMSの力は、運営を続けるほどに効果を発揮します。

企業や店舗がサイトを解説する目的は、宣伝や顧客サポートなど様々です。しかし、どのようなサイトでも必要なのは「集客」です。そのためには魅了的な記事を作り、アクセスを集めることが重要になってきます。 CMSはサイト担当者の作業の負担を軽減し、記事作りやアクセスを増やす施策に、よりリソースを向けられるようにしてくれます。

 

WordPressの特徴と魅力を知ろう

企業・商用サイトでも無料で利用できる

小さな組織や個人では、サイトを作ろうとしても、最初から多くの予算をかけることは難しいでしょう。CMSを導入するにしても、なるべく安いもの、できるなら無料のものを選びたいですよね?

WordPressは、利用の自由を保証する「GLP」というオープンソース・ライセンス形態をとるソフトウェアです。そのため、企業でも個人でも、商用サイトでも非商用サイトでも無料で利用できます。そのため、企業でも個人でも、商用サイトでも非商用サイトでも、無料で利用できます。デザイン(WordPressでは「テーマ」と呼ぶ)や機能を追加するプログラム(「プラグイン」と呼ぶ)の多くも無料です。

●無料で利用できるため、導入しやすい

企業や店舗サイトでも、サークルや個人の趣味サイトでも、まずは小さくサイトを立ち上げて、運営を続けながら育てていきたい、という場合が多くなります。そのような時、WordPressように高機能なCMSを無料で使い、最初から完成度が高く運営しやすいサイトを立ち上げられることは、非常にありがたい点です。

デザインやプログラムなどが豊富に提供されている

無料で使えるCMSがWordPressの他にもありますが、その中でもWordPressが選ばれる魅力は、世界中に多くの利用者・開発者がいて、テーマやプラグインが多彩で、かつ豊富に提供されていることが挙げられます。そのため、自由にデザインを選び欲しい機能を持たせて、様々なサイトを作ることが可能です。

●テーマやプラグインが豊富で、カスタマイズ性が高い

WordPressはもともとブログ用のCMSで、導入のためのハードルが比較的低く、熱心なユーザーや開発者によって、活用情報の交換や新しいテーマやプラグインの開発が活発に行われてきました。そのため、現在ではブログに限らず多くの企業や店舗のコーポレートサイトはもちろん、会員制のWebサービスなど、様々な目的・構造・機能のサイトに採用されています。