見出しタグ(h1~h6)の書き方を覚える

タイトルタグとディスクリプションタグと並び、「SEO的に重要なタグ」に見出しタグ
というものが存在します。SEOの内部対策で重要と言われる見出しタグは、ユーザーと検索エンジンの双方に、ページ内の文章構成を正しく伝えるために用いられます。

●見出しタグの役割

見出しタグは、各ページの原稿を書くときの「見出し」として使用するタグです。見出しタグを使うと文章の構成を論理的に制御することができます。見出しタグを階層的に使いながら文章を書くように意識しましょう。

見出しタグには、h1〜h6まであります。数字が小さいほど、大きな見出しとなります。大きい見出しほど、SEO的な重要度も高くなります。

 

●見出しタグ(h1~h6)の書き方ルール

見出しタグには、順番があります。
[h1→h2→h3→h4→h5→h6]という順番で記述しましょう。

H1タグはページのお見出しになる部分です。各ページに大見出しは一つですので、h1タグは、各ページに一つしか使ってはダメということになります。「h2〜h6」は各ページにいくつでも設定しても問題ありません。

HTML5では、h1タグを複数設定しても良いというルールになりましたが、SEO的観点で見ると、「h1タグは一つだけ」の方が望ましいと言えます。理由としては、一つの文章に大見出しが二つあるのはおかしいということです。

・見出しタグはフォントサイズやデザイン的な理由で使用しない

見出しタグは、通常h1が最も大きく目立つフォントでデザインされ、h2、h3と下の階層になるほどフォントサイズも小さく設定するのが一般的です。見出しタグの間違った使い方として多くあるのが、「フォントサイズがちょうどいいから、h2タグを使おう」のような事例がよく見られます。
文字サイズ変更などのために見出しタグを使うのは間違った使い方で掲載順位を落とす可能性もある危険な行為です。ページ構成と関係ない意図で使わないようにしましょう。

●大見出し(h1)の書き方

大見出しは(h1)は、以下のようなルールで書きましょう。

・大見出しは(h1)に目標キーワードを必ず入れる
・大見出しは(h1)タグは各ページに一つだけ
・ページの内容にあったものを簡潔にわかりやすく書く

●まとめ

1.ページ内の文章の構成を正しく伝え、SEO効果もある見出しタグを活用しましょう
2.h1〜h6の役割と記述方法を守って記述しましょう
3.ページの大見出しであるh1タグは、各ページに一つだけ設定しましょう
4.大見出し(h1タグ)は、そのページの内容に合ったものを簡潔にわかりやすく書きましょう