「総論・各論・結論」は文章構成の基本です.文章を書くことに苦手意識のある人は,「総論・各論・結論」の構成に慣れてください.伝えたいことを「正しくわかりやすく伝える」ための基礎になります.

●「1ページ=1キーワード」に適した文章構成

コンテンツSEOでは,「1ページ=1キーワードで書く」ことが鉄則です.そのために適した書き方が,「総論・各論・結論」の文章構成です.「総論・各論・結論」の文章構成は,ロジカルライティングの典型的なフレームワークとしても有名です.

図 「総論・各論・結論」の文章構成

最初にそのページ全体で言いたいことの「総論」を述べます.次に総論で書いたことを具体的に書く「各論」のコーナーを書きます.最後に全体のまとめとなる「結論」を書くという構成です.
読者は総論を読んだ段階で,このページ全体で言いたいことの概論を理解できます.全体を把握したうえで,各論に入っていくので理解しやすい構成となります.最後にまとめとなる「結論」でしめくくるので,全体像を改めて確認できることになります.

●「総論・各論・結論」の文章構成は各論が肝

「総論・各論・結論」の文章構成では,総論を受けてより具体的な内容を書いていく「各論」のコーナーが肝心です.より深く,より具体的な内容を書こうと思うと,各論のコーナーが膨らんでいくことになるからです.各論のコーナーでは,総論で書いたことを具体的かつ詳細に書いていきましょう.


図 「総論・各論・結論」で肝心なのは各論のコーナー

●文章が苦手な人は,「総論・各論・結論」の構成(骨子)をしっかり

文章を書くことに慣れていない人は,「総論にこんなことを書こう」「各論はこんなふうに展開しよう」「結論はこんなふうにまとめよう」という大筋(骨子)を考えてから,文章を書いていくようにしましょう.文章を書くことが苦手という人の多くは,文章が下手なのではなく,構成がぐちゃぐちゃになっているだけです.いきなり1行目から書いていくのではなく,「総論・各論・結論」の構成をじっくり組み立ててから,文章を書くことに慣れてください.
例えば「メルマガライター 資質」というキーワードのページを考えてみましょう.「メルマガライターに必要な資質」にはどんなものがあるかを具体的に落とし込んでみます.「3つの資質を書いていこう」というところまで決まれば,そのあとの文章化が楽になります.


図 「総論・各論・結論」の文章構成

「総論・各論・結論」の文章例

「総論・各論・結論」の文章構成で書いた原稿を見てください.このページのキーワードは「メルマガライター 資質」です.「メルマガライター 資質」というキーワードに関する内容だけでまとまっている原稿になっています.キーワードが全体に散りばめられている点も,SEOに効果的です.

例 メルマガライターになるための3つの資質

総論

メルマガライターになるためには様々な資質が必要となります。その中でも今回は重要な資質3つを紹介していきます。

各論① メルマガライターに必要な資質① コミュニケーション能力

ライターは情報を引き出し,メルマガの企画,設計,テーマ決め,執筆までをひとりで行わなければなりません.ここで重要なのがコミュニケーション能力です.電話,メール等を使い,円滑なコミュニケーションを行う能力が必要です.

各論② メルマガライターに必要な資質② 文章力

配信頻度の多い企業様の場合,週に3本のメルマガを配信しているケースもあります.短時間に,高品質のメルマガを仕上げるために,文章力は不可欠になります.わかりやすい文章を書けることはもちろん,キャッチコピー等の能力も必要です.

各論③ メルマガライターに必要な資質③ 校正力

誤字脱字があると,企業の信頼を失い,お客様から誤解を受けてしまうこともあります.最終原稿を厳しい目でチェックできる校正力が必要になります.

結論 「資質に不安あり」でも大丈夫!

「メルマガライターとして求める資質」は,コミュニケーション能力,文章力,校正力の3つです.「ちょっと不安」という人もあきらめないでください.

SEOに効果的な「1ページ=1キーワード」で書きたいときは,「総論・各論・結論」の文章構成で書いてみてください.


 

●「総論・各論・結論」へのHTMLタグの付け方

「総論・各論・結論」で書いた文章は,次の図のようにタグを付けましょう.大見出しはh1タグを付けます.小見出しにはh2タグを付けます.本文はpタグが付きます.小見出しの下の階層にも見出しが付く場合は,h3~h6のタグをつけていきます.正しいタグを付けることによって,SEO的な評価も上がります.

図 「総論・各論・結論」へのタグ付け